未来は自分で選ぶ

画像の説明

こんにちは。
成れる会名古屋 本日のブログ担当は伊藤です。

今日の講義

・復習(広告と顧客管理)
・本講義(売上を増やすために)
・オープンキャンパスに向けてリハーサル

本講義での内容は、顧客リストについて。
自分では、やってるつもりだったけれど。

まだまだ浅いものであったと反省。
もっともっと改善の余地があることに気が付きました。

それをきっちり実践していけば。

「私、もっと成果を出せる!」

変な自信が持てました。
素直に自分の至らぬ点に気が付き、認めて。

どのように行動すればよいのか。
マインドセットが定着してきたように感じます。

あとは、行動に移すだけ。
今週水曜日、2月1日までにリストを整える事にします。

今回初めてオープンキャンパスの講師として
登壇させていただく事になりました。

寝ても覚めても。
歌ってても。

頭の片隅に、いつも

「OCでの講師」

というのがちらついていて。
広岡先生の本講義の動画を見たり。

いままでのオープンキャンパスの動画を見たけれど。
気ばかり焦って、うまくまとめられず。

迎えた初めてのリハーサルでした。

「知ってるつもりが一番怖いこと」

何度も聞いてた言葉だけれど。
実際に、セミナーを受けてインプットしてるだけと。

それを誰かに理解してもらえるように
アウトプットを意識して伝えるようにする。

学びの質、量ともに、雲泥の差でした。
理解してるつもりだったけれどできてない自分。

どのように話したら。
どのような例題を引き合いに出したら。

理解してもらえるのか。
また、

「そういうことね!」

気づきを得てもらう事ができるのか。
試行錯誤の一週間でした。

「自分の学びのために、オープンキャンパスがある。」

おっしゃるとおりでございます。
すでに講師を経験された仲間たちに

「先輩方、リスペクトっす。」

と、ひれ伏したくなるような気持ち。

「焦っても仕方がない。
 現状できる事をぶつけて。

 恥かいて。
 本番までにブラッシュアップしていけばいいや。」

と開き直ったのは昨夜、寝る前でした。

佐々さんのソフトな口調での解説。
そしていろんな例を交え。

聞いてる人に気づきを与えながら進めていく、
見事な話術に感激。

次が自分の番だというのに。
すっかり忘れて引き込まれてしまいました。

そして、私の番。
話すことは決めていたし。

あらかたのストーリーも
組み立てていたけれど。

佐々さんのお話を聞いて、自分なりに
変更を加えてみました。

JAZZで言う所のアドリブ、
即興です。

こういう言い回しをすればいいなと。
(自分の中で)うまくいったところもあれば。

思ったように、うまくつながらないところも出てきて。
ものすごく短い時間になってしまいました。

みんなが

「いい声ですね」

ガマの油の時に言ってくれたけれど。
それは他に褒めるところがないからだと。

反省し、戒めて。
ちゃんと練習を重ね、イメージトレーニングをして。

次回のリハーサル、そして本番までには。
きっちり時間どおりに話せるようにします。

続いてお話された福澤さん。
立て板に水が流れるように、流暢に。

そして身近な例題を取り入れ、自信みなぎる態度。
安心感はんぱない解説でした。

未来は、自分で選ぶ事が出来ます。
もっとかっこいい講師になって。

2月18日当日は、お時間を作ってご来場くださった方に
ご満足いただけるようになるために。

行動していきます。

コメント


認証コード2491

コメントは管理者の承認後に表示されます。